東北電力、太陽光・蓄電池を集約、「VPP」構築を検証

東北電力は3月29日、「バーチャルパワープラント(VPP)実証プロジェクト」を開始すると発表した。一般家庭が保有する発電設備や蓄電池、電気自動車(EV)など地域に分散して存在するエネルギーリソースを、IoTなどの新たな情報技術(IT)を用いて遠隔制御・集約することで、ひとつの発電所のように機能させる。

同プロジェクトでは、太陽光などの再生可能エネルギーをはじめとした分散型電源を、同社がVPPのエネルギーリソースとして集約し、需給バランスの調整機能としての効果を検証する。地域・法人・家庭の各顧客と同社が、相互にメリットを享受できる仕組みを目指すという。

公共施設などに設置される太陽光発電や蓄電池を有効活用することで、地域の防災力強化につなげるとともに、EVの蓄電池を電力系統につないで充放電する技術(V2G)を検証する。また、法人や家庭の持つ設備や機器を有効活用することで、省エネや省コストなどにつながるサービスを開発する。

実証期間は2018~20年度の3年間を予定する。社内に設置した「VPP実証タスクフォース」を中心として、2018年度上期までに具体的なシステム構築や、実証に協力する顧客を募集し、エネルギーリソースを選定する。成果を踏まえて順次、具体的なサービス提供を開始する。

家庭やオフィスにあるエネルギーリソースを活用した「VPP」実証のイメージ
(出所:東北電力)

 

2018年4月4日 カテゴリー: 未分類

 


 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ