東北と新潟で6万4千戸停電 雪の重みで倒木、配電線切れる

8日からの大雪や暴風雪の影響で、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島の東北6県と新潟県では19日夕方までに延べ約6万4千戸が停電した。雪の重みで木が倒れ、配電線が切れるなどしたのが原因とみられる。

 東北電力によると、岩手県内の被害が最も大きく、宮古市や大船渡市など23市町村で延べ約3万戸が停電した。青森県では青森市や八戸市など15市町村で延べ約1万7千戸が停電した。

 

2016年1月28日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ