旭化成ホームズ、「RE100」に加盟 2038年に100%再エネ化

旭化成ホームズ(東京都千代田区)は9月10日、「RE100」への加盟を発表した。2038年までに事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目指す。

同社は戸建住宅「ヘーベルハウス」と賃貸住宅「ヘーベルメゾン」への太陽光発電設備設置を積極的に推進してきた。これまでに搭載した太陽光発電設備の総量は約360MW以上、その年間発電量は約360GWhに達した。一方、同社が2018年度に事業活動で消費した電力は約33GWhだ。

また、同社は「ヘーベルハウス」と「ヘーベルメゾン」の顧客向けの電力供給サービス「ヘーベル電気」を2018年から開始している。今後は、この電力供給サービスにおいて、固定価格買取制度(FIT)に基づく買取期間を終えた(卒FIT)太陽光発電設備の余剰電力を買取り、同社の事務所や工場、展示場の電力として活用する計画だ。同社施工の太陽光発電設備を対象に、2019年11月の開始を予定している。

 

2019年9月12日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ