日産自動車とカナディアン・ソーラー、日産リーフと太陽光発電商品での協業に合意

電気自動車と太陽光発電商品の新たな協業実施で合意

日産自動車株式会社とカナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社は5月31日、電気自動車「日産リーフ」と太陽光発電商品による新たな協業を行うことに合意したと発表した。

取り組む内容は、日産の電気自動車「日産リーフ」とカナディアン・ソーラーの次世代エネルギー蓄電パッケージ「SOLIEV(ソリーヴ)」を組み合わせた、新たなソリューション「SOLIEV RIDE(ソリーヴ ライド)」の販売促進活動を、それぞれの販売ネットワークで行うというもの。

「SOLIEV」は、太陽光発電(SOLAR)と蓄電池(リチウム)、電気自動車(EV)を同時にコントロールできる蓄電パッケージとして、カナディアン・ソーラーが2018年7月に発売を開始している。

このパッケージでは、3種類のエネルギーそれぞれを効率よく活用し、エネルギーの自家消費に向け太陽光による発電エネルギーを最大限利用できる。そして今回の日産との協業により、このEVに「日産リーフ」を組み込んだソリューションを、「SOLIEV RIDE」として提供していくとしている。

また日産は、同社の販売店にて同ソリューションの紹介を行い、顧客をカナディアン・ソーラーの販売店に紹介する。カナディアン・ソーラーは、同社の販売店にて同ソリューションの提案活動を実施し販売促進活動を行う。そして顧客は、この商品を購入すると、一定のキャッシュバックを受けられるという。

 

2019年6月1日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ