日産と4R リーフ中古バッテリー活用の定置型蓄電池で実証実験

新たなソリューションをスタート

2019年9月26日、日産自動車株式会社とフォーアールエナジー株式会社は共同で「日産リーフ」と中古バッテリーを使用した「定置型蓄電池」を組み合わせた新たなソリューションをスタートすることを発表した。

同日よりのセブン‐イレブン10店舗(神奈川県)にて実施される「再生エネルギーによる電力調達の実証実験」によって同スキームが実証される予定だ。

セブン‐イレブンでの実証実験

セブン‐イレブンでの実証実験は、フォーアールエナジー株式会社が「日産リーフ」中古バッテリーを用いた定置型蓄電池を店舗に設置して行われる。定置型蓄電池のほか、発電効率が高い太陽光パネルも同時に設置され、自家発電の電力も活用される。

2019年11月以降は、「卒FIT」電力から発電分以外の電力を調達することとなっており、再生可能エネルギー比率100%が達成される見込みだ。

パッケージ導入と循環型システム

セブン‐イレブンは「日産リーフ」と「日産リーフ」中古バッテリーを用いた定置型蓄電池をパッケージ導入することで、バッテリー再利用において循環型システムを確立することとなる。

日産自動車株式会社では、カスケードリユース(一次利用後の再循環)に力を入れており、今回のパッケージによる循環型システムはカスケードリユースのソリューションに含まれる。

同スキームでは、中古バッテリーの使用により価格を抑え、パッケージ化による長期的なライフサイクルコスト低減を実現した。また、40Kwhの蓄電能力により、災害時の電力源としても期待できるとしている。

 

2019年10月7日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ