日本の太陽光発電の可能性

太陽光発電システムは、先に挙げた全ての問題をクリアしています。屋根の上なら用地を必要としません。自分の家庭で使う電気を太陽光発電システムで賄えれば、高額な電気代に悩まされることはありません。

鹿児島市内の七ツ島にあるメガソーラーは70MW(メガワット)で日本一の規模です。1MWは1,000kwなのでkwにすると70,000kw。一般家庭の電気を賄うには約4kw/件必要として、4kwで割ると17,500件分。

日本国内の太陽光発電の累計導入量が2015年に30GW(ギガワット)に達しました。夏の10時から16時の間に限ると日本の電気需要の7%を太陽光発電によって供給しています。30GWはkwにすると3,000万kw、4kwで割ると3000万÷4=750万件分。まだまだ増やせそうです。

 

2015年9月8日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ