日本の再エネ発電システム市場、2030年度に1兆円を突破か

富士経済は2019年7月29日、国内の再生可能エネルギー発電システム市場の調査結果を発表した。同社では2018年11月〜2019年4月にかけて、太陽光発電や風力発電、水力発電、バイオマス発電、地熱発電など再生可能エネルギー発電システム市場を対象として調査を実施した。

同調査によると、2030年度の再生可能エネルギー発電システム市場は1兆521億円が予測される。2018年度見込で80%超を占める太陽光発電市場は、FIT買取価格の引き下げや入札制度の範囲拡大を受けて、2030年度には2018年度比で3割以下に縮小するとみられる。一方で風力発電や水力発電は市場の拡大が予測される。

再生可能エネルギー発電システムの累計導入容量は、2030年度末時点で1億2687万kwが予測される。うち太陽光発電が70%超を占めるとみられる。特に市場成長が期待されるのは風力発電システムで、2025年度にかけて陸上大型の導入加速、洋上風力発電システムの導入拡大が予想されている。

富士経済は、今回の調査結果の詳細をまとめた「FIT・再生可能エネルギー発電関連システム・サービス市場/参入企業実態調査 2019」を発刊している。

 

2019年8月14日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ