日の丸・環境技術の「ショーケース」東海大学のソーラーカーが熱視線を浴びるワケ

東海大学は大手メーカーなどと共同で開発を進めていたソーラーカー「Tokai Challenger(東海チャレンジャー)」の平成29年版を公開した。10月8~15日にオーストラリアで開催される世界最高峰のソーラーカーレースに、学生主体の「東海大学ソーラーカーチーム」がこの車両で出場する。開発にはパナソニックや東レ、ブリヂストンも参加し、それぞれが最先端技術を持ち寄るなど、日本の環境技術の「ショーケース」となっている。それだけに企業側にも東海大にもさまざまな思惑が込められている。

なかでもパナソニックは研究開発段階の高性能の太陽電池セルをこのソーラーカーに提供した。太陽電池パネル内部のシリコン膜と電極、基板とをつなぐ接合部分を改良し、発電効率を従来(27年時点)の23.2%から24.1%と世界トップレベルの水準に高めた。

東レは炭素繊維中間基材「プリプレグ」を提供した。車体に使われている。子会社の東レカーボンマジック(滋賀県米原市)の工場で、プリプレグを細かく裁断したあと、オートクレーブという装置を使い高温高圧環境下でかたちを整える。この方法は、航空機やレーシングカーの筐体(きょうたい)を作るのに用いられる。

タイヤに関しては、ブリヂストンからパンクしにくいレース専用のものが提供された。世界中のソーラーカーレースやモータースポーツの大会では、路上の鋭利な石でタイヤの表面に傷が付き、パンクしやすいことから、耐久性を重視しつつ、転がり抵抗も減らすなどの工夫を凝らした。

 

2017年9月19日 カテゴリー: 未分類

 


無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ