新電力への切り替え家庭、初の10%超え 3月末

経済産業省は18日、新規参入した電力会社に契約を切り替えた家庭が2018年3月末時点で622万件と初めて10%を超えたと発表した。2016年4月の電力小売り全面自由化以降、ガスや通信事業者など異業種からの参入が相次いだ。切り替えは都市部が多いが、従来より安い電気料金などで消費者の選択肢の幅が広がってきた。

16年4月末時点の切り替え件数は0.9%だったが、17年3月末には4.7%に達し、今年3月末に10%を超えた。企業別シェアは東京ガスが新電力のうち20%と首位。KDDI(13%)、大阪ガス(10%)、JXTGエネルギー(7%)などが続いた。

経産省は「大都市部を中心に切り替えが進んでいる」としている。地域別の切り替え率は、東京電力パワーグリッド管内が13.9%と最も高く、関西電力管内も13.1%。一方、北陸電力管内は3.0%、中国電力管内は2.9%だった。

 

2018年6月20日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ