携帯電話の基地局にも燃料電池+太陽光発電 大地震でも通信を可能に

携帯電話の基地局にも燃料電池+太陽光発電 大地震でも通信を可能に

 グリーン基地局の太陽光発電パネル

フジクラ(東京都江東区)とドコモ(東京都千代田区)は12月20日、フジクラが新規に開発を進めている直接メタノール型燃料電池(DMFC:Direct Methanol Fuel Cell)(定格出力1kW)を、NTTドコモのグリーン基地局に適用する共同実験契約を締結した。

ドコモのグリーン基地局は、太陽光発電蓄電池を利用し、災害時でも太陽光発電単独で基地局を運用し、日中の携帯電話の通信を確保できる「環境に優しく、災害にも強い基地局」だ。

DMFC

DMFC

今回の共同実験では、DMFCを高知県南国市のグリーン基地局に設置し、災害発⽣時の⻑期停電発⽣を想定したときの、DMFC単体の運⽤特性を評価しする。さらに、同基地局の太陽光発電パネルや蓄電池と連携運転させたときの、⻑期間運⽤特性を検証し、燃料電池の耐災害特性の有効性や信頼性の実証を⾏う。

フジクラのDMFCは、大型で定置型の従来の燃料電池に比べ、本体サイズが20分の1以下(460ミリ×460ミリ×650ミリ)で、重量は、約70キログラム。可搬性に優れているため、狭い場所やビルの上にある小さな基地局への設置や災害発生時の被災地域への緊急の持ち込みが可能だ。

また、今回の実験における同DMFC5台(5kW、燃料200リットルの場合)の運用時間は4⽇間と想定されている。さらに、グリーン基地局の太陽光発電パネルと連携運転させることにより、1週間以上の基地局運営が可能となる。

この共同実験において、フジクラは、DMFC本体の開発、グリーン基地局とのインターフェース準備、実装(電源インタフェース、制御インタフェース)を行う。

ドコモは、グリーン基地局側のDMFC接続構成の検討、DMFCの単独運転、太陽光発電パネルとの連携運転試験を実施するなどの役割を担う。

なお、同実験は、2018年9⽉30⽇(⽇)まで実施される予定。

メタノールと空気中酸素で発電

DMFCは、燃料電池にメタノールを直接供給し、メタノールと空気中の酸素を化学反応させて発電する。メタノールから水素を製造するための補機が不要で、シンプルな燃料電池だ。小型化が容易な構造であるため、災害時の非常電源として期待される。

両社は、今後も、基地局や端末の緊急充電などに使える、小型で環境に優しい燃料電池や、バイオメタノールなどの再生可能燃料の研究を通じて、2020年代に向け環境面でも貢献することを目指す。

 

2017年12月25日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ