想定超す分配金  鹿島灘1号 太陽光発電 2014年9月2日

市民から出資を募り、太陽光発電を事業化している民間のゼック(東京都中央区、柳川勇夫社長)が、昨年六月に売電を開始した「鹿島灘一号太陽光分譲ファンド」(鉾田市梶山)の決算をまとめた。初年度の分配金は出資金百万円当たり九万八千八百円となり、当初の想定額を約二万七千円上回ったという。 (林容史)

 

2014年9月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ