家庭の電気料金は地域で3割以上の差に、北海道が最高、北陸が最安 (1/2)

震災後に相次いだ電気料金の値上げによって、地域間の格差が大きく開いた。特に11月から2度目の値上げを実施する北海道の電気料金が高い。家庭向けの標準モデルで比較すると、最も安い北陸電力の料金を3割以上も上回る。東京や沖縄も北海道に次いで高い水準になっている。

 

2014年12月4日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ