宮城県石巻市「石巻沼津太陽光発電所」が完工

juwi(ユーイ)自然電力は、米ゼネラル・エレクトリックのグループ会社であるGEエナジー・ファイナンシャル・サービスが100%出資する石巻きずな合同会社より受注したEPC(設計・調達・建設)事業である、宮城県石巻市における出力約14メガワット(DC)のメガソーラー「石巻沼津太陽光発電所」を、 2017年9月13日に完工した。また、2017年9月1日より商業運転を開始している。

本発電所は、宮城県石巻市に位置するゴルフ場跡地の敷地約220,000平米を利用して、出力約14メガワット(DC)のメガソーラーを運営するもの。年間発電量は約1,608万キロワット時を見込んでおり、これは、一般家庭約4,400世帯の年間使用電力量に相当。発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用し東北電力株式会社へ売電する。

本プロジェクトは、トリナ・ソーラーの100%子会社であるトリナ・ソーラー・ジャパン・エナジーがプロジェクト開発、設計、調達およびマネージメントを行い、juwi自然電力がEPC(設計・調達・建設)を担当した。また、juwi自然電力オペレーションがO&M(運営・保守)を担当する。

工法の特徴としては、既設のゴルフ場の地形を生かした造成工事を行う事で、パネルの設置可能なエリアを効率的に拡大。また宮城県条例に基づき調整池も場内に設置している。アレイは縦置き4段の大型を採用し、設置するパネルの枚数を増やしつつ変換効率の最適化を図った。なお、大きく分けて4種類のアレイを採用し、土質や地形にあわせ最適な種類を各エリアに設置している。

juwi自然電力は、再生可能エネルギー発電所の開発・資金調達等を行う自然電力社および、ドイツに本社を置く世界的な再生可能エネルギーの開発・EPC企業であるjuwi株式会社による合弁会社として、2013年に創業。自然電力社が開発を手掛ける案件のほか、EPC単体での工事案件も受託しており、2016年5月末に完工したゴルフ場跡地を活用した出力約25メガワット(DC)の大規模太陽光発電所(岩手県)を含む、累計全国56カ所、合計出力約160メガワットの完工実績を有している。今後も、国内外問わず、世界中で培った知識や経験を生かし、発電所設置地域の状況やニーズに合わせたEPCソリューションを提供することで、再生可能エネルギーの普及と持続可能な社会の構築に貢献することを目指す。

 

2018年2月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ