女川原発、安全対策完了を2年程度延期 東北電検討

東北電力が女川原子力発電所2号機(宮城県女川町、石巻市)の安全対策工事の完了時期を2年程度延期する方向で検討していることが24日、分かった。これまで工事の完了時期は2018年度後半を目標としていた。19年度の工事完了を目指していた東通原発(青森県東通村)についても延期を検討している。

女川原発の工事完了時期の延期は3回目。3月に完了時期の延期を発表した際は、新たな完了時期は未定としていた。防潮堤の地盤改良など追加工事が発生。長引く安全審査を背景に延期を判断していた。安全対策工事が終わらなければ再稼働の遅れは避けられず、さらに経営の負担となりそうだ。

 

2018年4月27日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ