太陽蓄電池、家庭用に的 売電優遇が世界で廃止・期限切れ 伊藤忠、米エネ企業に出資

家庭用蓄電池のビジネスチャンスを探る動きが広がっている。伊藤忠商事は米国で蓄電池を提供する企業に出資。欧州では蓄電池を使い家庭間で電力を融通するサービスが始まった。背景にあるのは世界中で太陽光発電の優遇策が期限切れや廃止となることだ。余った電力を高値で売れなくなった個人が、蓄電池にためて自宅向けに回すため、需要が拡大するとみられている。

 

2018年12月5日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ