太陽光 100%で黒字84兆円 2050年時点、燃料費減少で WWFジャパン試算

 国内の原発廃止や化石燃料の使用中止を段階的に進め、2050年には再生可能エネルギーで全電力を賄う場合、10年から40年間の設備投資が365兆円に達する一方、燃料費の減少などで84兆円の黒字になるとの試算を国際環境NGO「世界自然保護基金(WWF)ジャパン」がまとめた。

 試算では、人口減少や省エネ技術の普及で、50年時点のエネルギー消費量は10年比47%減にできると想定。全電力を太陽光や風力、バイオマスなどの再生エネで賄うことが可能だとした。

 省エネで設備の運転費281兆円の節約が可能なうえ、火力発電などの削減により40年間で化石燃料の費用が168兆円抑えられ、設備転換の費用を投じても84兆円が浮く。WWFジャパンによると、50年時点で再生エネ100%を達成するには、30年時点で37%にしておく必要があり、政府目標(30年時点で22~24%)の引き上げが必要だという。【久野華代】

 

2017年3月6日 カテゴリー: 未分類

 


 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ