太陽光 中小規模の太陽光発電に「使用前自己確認制度」 20kW未満は逆に規制緩和

経済産業省は11月30日、出力500kW以上2,000kW未満の太陽光発電設備において、事業者に対して設備使用前の技術基準適合性の確認と、その結果を国へ届け出ることを義務づけた「使用前自己確認制度」の導入について発表した。

一方、公共の安全確保上のリスクが十分に小さい20kW未満の発電設備については、工事計画の認可を不要とし、使用前自己確認制度の対象とするなど、規制を緩和した。潮力発電などの新発電方式は、既存の発電方式と異なり、技術的知見の蓄積が乏しいため、発電規模に関わらず工事計画の認可対象としており、新技術を迅速に実用化していく上での課題となっていた。

電気工作物の種類ごとにリスクを評価し規制を再整備
使用前自己確認制度は、電気事業法第2弾改正において新設された。これは、一部の電気設備について、技術進歩等により保安水準が向上していることから、工事計画を不要とし、設置者自らが設備の使用前に検査を行い、その結果を国に届け出ることとした制度だ。

同省では、「電気保安規制のスマート化」の中の一つの取組みとして、使用前自己確認制度を導入するなど、リスクに応じた規制の再整備を進め、電気工作物の種類ごとにリスクを評価し、これを踏まえた合理的な規制水準のあり方を検討している。

今回、その検討を踏まえて、太陽電池発電設備に対する使用前自己確認制度の導入等を行うため、電気事業法施行規則や、対象設備における使用前自己確認の方法を具体的に示した「使用前自主検査及び使用前自己確認の方法の解釈」等、関連省令・内規の一部改正を行った。また、使用前自己確認の際の具体的な確認方法を定めるため、検査解釈についても所要の改正を行った。再エネ設備に関する改正の概要は以下の通り。

太陽電池発電設備に対する使用前自己確認制度の導入
太陽電池発電設備については、現在、出力2,000kW以上の設備において、工事計画の届出や、施工後の設置者による検査の実施などが義務づけられている。しかし、近年は太陽電池発電設備の設置数が増加しており、設置者の発電設備に対する知識、保安力も多様化している。また、最近、工事計画の届出を必要としない中小規模の太陽電池発電設備について、突風や台風等によるパネルの飛散や、近隣の家屋等の第三者への被害が発生し、その安全性確保に向けた対策として、使用前自己確認制度の導入があげられていた。

 

2016年12月11日 カテゴリー: 未分類

 


 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ