太陽光 カンボジアは再生可能エネルギーへの理解が必要 欧州商工会議所[経済]

 カンボジア企業は、自身と環境の両方に利益をもたらすため「再生エネルギー」の利用が求められている。クメールタイムズ紙が報じた。

 欧州商工会議所のグリーン・ビジネス委員会の委員長は、「カンボジアは気候変動の影響を受けており、再生可能エネルギーの使用が特に必要なのに人々は理解していない。 石炭は環境に有害で、依存は不可能だ」と話す。

  また、エンジニアリングソリューション会社コミンクメール(Comin Khmere)の広報担当者は、雨季には太陽エネルギーが動かないとの噂を否定し、 「太陽エネルギーの市場シェアは低いのは、グリーンエネルギーの製品コストが高いことに依るものだ」と述べた。

 

2017年5月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ