太陽光: ため池に太陽光パネルを浮かべる、香川さぬき市で完成

 日本アジア投資は2017年5月、ため池の上に太陽光パネルを浮かべる水上メガソーラー発電所「野間池ソーラー発電所」(香川県さぬき市)の売電を開始したと発表した。太陽光パネル設置容量ベースで最大出力は2.4MW(メガワット)、年間発電量は約299万kWh(キロワット時)。一般家庭約840世帯分の年間電力消費電量に相当するという。

 発電した電力は1kWh当たり36円(税別)で、四国電力に売電する。総事業費は約8億円で、そのうち約80%を香川銀行からのプロジェクトファイナンスから調達した。

 同社によると、水上メガソーラー発電所は地上に建設する発電所と比べ、パネルを浮かべる設備が必要な一方で、複数のメリットがある。例えば、ため池周辺は遮蔽(しゃへい)物が少なく、日照条件の良好な場所に建設できる。

 パネルの設置面を平たんにする造成工事が不要なこと、水面による冷却効果でパネルやケーブル類の過剰な温度上昇が抑制され、発電効率が良いことも挙げられる。なお野間池ソーラー発電所は、同社として初の売電開始に至った水上メガソーラーとなる。

「御田神辺池」でも水上メガソーラーを

 同社は2017年2月に同じく香川県さぬき市の「御田神辺池(みたかべいけ)」で、水上メガソーラーを建設することも発表している。パネルをフロート架台で浮かべる方式で、太陽電池パネル設置容量ベースで最大出力は1.52MW。年間発電量は約187万kWh、一般家庭約530世帯分の年間電力消費量に相当するという。2017年8月から売電を開始する。

 発電した電力は1kWh当たり32円(税別)で、四国電力に売電する。総事業費は約5億円で、そのうち約85%を香川銀行からのプロジェクトファイナンスから調達した。

 

2017年5月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ