太陽光発電:ピーク時の電力供給、今夏倍増 大手9社

 沖縄電力を除く大手電力9社が今夏の需要ピーク時に供給した電力のうち、太陽光発電が6・4%を占めたことが9日、分かった。太陽光発電の新設が進んでいる上に、日射量に恵まれ、昨夏の3・7%から倍近く伸びた。出力は原発約10基分に相当する計1093万キロワットだった。

 管内別に見ると、中国電力が9・0%で最も高く、九州電力の8・9%、中部電力の7・6%が続いた。最も割合が低かったのは関西電力の2・2%。出力は東京電力の377万キロワットが最高だった。

 

2015年10月12日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ