太陽光発電買い取り:価格決定は契約成立時に 経産省提案 毎日新聞 2014年12月02日 21時09分

 現行制度では、再生エネの買い取り価格は、再エネ事業者が政府の認定を受け、電力会社に買い取り申請した時点の価格が適用される。しかし、太陽光市場の拡大で、パネル価格は年々値下がりしており、年度ごとに政府が見直す太陽光発電の買い取り価格も下落している。事業者の中には、既に買い取り申請して、買い取り価格が決まっているにもかかわらず、発電事業の開始を先延ばしして実質的な利幅を増やし、不当な利益を得ようとするケースが相次いでいる。

 

2014年12月3日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ