太陽光発電協会、買い取り価格下げに関し国に要望

太陽光発電協会(JPEA)は経済産業省が太陽光発電の固定価格買い取り制度(FIT)の見直しを検討していることに対し、手続き期限の延長などを求めたことを明らかにした。経産省の改正案が実施されれば、約8割が稼働できなくなるとのアンケート結果も明らかにした。

経産省は再生可能エネルギーを買い取る費用の一部を家庭や企業に転嫁している賦課金が2兆4千億円にのぼるため、FITの見直しを進めている。

 

2018年11月24日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ