太陽光発電は30年度に1億kW必達」-太陽光発電協会前事務局長・鈴木伸一氏

 エネルギーミックスの政府案で2030年度の太陽光発電の比率は7%となった。少ないとする意見がある一方で、電力料金に上乗せされる賦課金が電力コスト上昇を招くとし、大量導入に批判的な声も聞かれる。7%が限界なのか、総合資源エネルギー調査会(経済産業相諮問機関)新エネルギー小委員会で業界の意見を発言してきた太陽光発電協会の鈴木伸一・前事務局長に聞いた。

 

2015年6月20日 カテゴリー: 未分類

 


無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ