太陽光発電の認定ルールが8月1日に変更、運転開始は3年以内に (1/2)

固定価格買取制度を改正する施策の一環で、太陽光発電の認定ルールが8月1日に変わった。認定取得から運転開始までの期限を設定して、事業用の設備には3年以内の運転開始を求める。期限を超えると買取価格の低減か期間短縮の措置を受ける。住宅用は1年以内に運転を開始しないと認定が失効する。

 

2016年8月6日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ