太陽光発電の設置意向 費用の不安などで減少傾向 一方、会津若松では設置者の72%が「満足」と回答

 会津若松市は、冬になるとパネルが雪に覆われるため発電量が下がる。それでも、年間を通すと一定以上の発電量が確保されていることから、電気代の節約や売電収入等による経済的な面で満足している傾向にあると、同市では分析している。

 太陽光発電システムの設置には、まとまった初期費用が必要になることから不安も多い。太陽光発電システムをさらに普及させるためには、国や自治体による補助のほか、設置した場合のメリットをより多くの人に伝える必要がありそうだ。

 

2015年6月2日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ