太陽光発電の容量、全国一の市…2位の1・5倍

大分市内にある太陽光発電設備の容量が全国一(4月末現在)だったことが経済産業省のまとめで分かった。
釘宮磐市長は「今後も積極的に再生可能エネルギーの普及を支援したい」としている。

発表によると、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の開始後、市内に設置された10キロ・ワット以上の設備の容量は13万288キロ・ワットで1位だった。2位の鹿児島市の約1・5倍だった。4位に北九州市、5位に宮崎市が続いた。

 

 

2014年8月27日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ