太陽光発電の余剰分を250台の蓄電池に、九州で2015年度内に稼働

九州では太陽光発電が拡大して、昼間の供給量が地域の需要を上回ってしまう可能性がある。そうした余剰分を大容量の蓄電池に充電して需給バランスを調整する試みが始まる。福岡県の火力発電所の構内に250台の蓄電池を導入して、最大5万kWの電力を充電できるようにする計画だ。

 

2015年6月27日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ