太陽光発電の「全量買取制度廃止」は本当か?

2012年7月の固定価格買い取り制度導入により、日本の太陽光発電にもようやくかつての勢いが戻ってきた。2012年は前年比2倍の200万kWの新規導入なった。2013年にはさらに2.5倍増の500万kWになる予測である。この通り行けば、年間新規設置容量で、世界2位となりそうだが、1位予想の中国がスローダウンしているため、日本が1位になるとの見方もある。

 

2014年9月19日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ