太陽光発電、夏のピーク日は1割担う 九電は25%確保 平林大輔2015年9月4日19時26分

 この夏、電力需要が最も多かった日の日差しが強まる時間帯に、太陽光発電が電気の約1割を担ったことが、沖縄を除く電力各社への取材でわかった。太陽光の年間発電量は全電源の2%程度だが、晴れて暑くなる分、日照条件も良い夏のピーク時は、頼りになる電源になりつつある。

 

2015年9月19日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ