太陽光保険重要 阿蘇山の噴火で太陽光パネル1636枚が破損、交換に1億円負担

 熊本県では2016年4月に熊本地震が発生し、熊本や阿蘇地方、大分県西部などに大きな被害をもたらした。加えて、阿蘇地方では、半年後の10月に阿蘇山の中岳が爆発的な噴火を起こし、大量の灰や噴石が飛散した。熊本地震では、震源に近いメガソーラー(大規模太陽光発電所)でも致命的な被害はなかった。一方、中岳の噴火では、メガソーラーに噴石が飛来し、大量のカバーガラスが割れた。

36年ぶりの爆発的な噴火

 2016年10月8日の未明、熊本県の阿蘇山で36年ぶりに爆発的な噴火が起こり、火山灰や噴石が広範囲に降った。噴石と降灰などによる被害額に関し、阿蘇市は、観光と農畜産業で約1億8000万円と見積もった。だが、被災はそれだけではない。

 実は、大量の降灰に見舞われた阿蘇市一の宮町には、地元企業の建設した約2MWの営農型メガソーラーが立地していた。その発電所にも噴石が達し、太陽光パネル1636枚が破損、約1億円もの損害を与えた(図1)。

火口から5km以上の地域にも噴石

 噴火したのは、阿蘇山を構成する火山の1つである中岳。噴火活動が最も激しく、2~3年おきに噴火を繰り返している。ここ数年では、2015年9月にも大きな噴火があり、噴煙が高さ2000mにまで達し、灰や噴石の排出量は推計4万tとされた。

 今回の噴火では、降灰や降石は50万~60万tに上り、噴火の規模が桁違いだったことを物語る。マグマと地下水が接触して水蒸気になり爆発する「マグマ水蒸気噴火」だったことが排出物を多くした。大量の灰に加え、火口から5km以上離れた地域にまで噴石が飛んだ。火口から約4km以遠には民家や畑、畜産施設などが立地している。

 火口から4km以上のエリアに噴石が飛散したのは、1970年代後半の大噴火以来になる。熊本日日新聞の10月9日付の報道によると、火口から4.3kmの宮地地区一帯には、直径約5cmの噴石が多数飛散し、農業用ガラスハウスの天井ガラス板が100枚以上割れたほか、約8km離れた坂梨地区豆札集落では、直径約5mmの噴石によってトマトなどを栽培するビニールハウス約80棟に穴が開くなどの被害が出た。

 最大規模の噴火が、明け方だったため、噴石が落ちた麓の住宅街では大多数の住人が屋内にいて無事だった。だが、農業用ハウスのガラスやビニールが割れたり、破れたりするなどの物的な被害が相次いだ。表面をガラスで覆っている太陽光パネルも、その1つとなった(図2)。

 

2017年1月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ