太陽光を農業維持費に 「ソーラーシェアリング」

農作物を育てながら発電もする「ソーラーシェアリング」方式の太陽光発電が、茅ケ崎市西久保で行われている。畑の上にパネルを並べ、太陽光を発電と農業で分け合う仕組み。都市農業ではかさみがちな維持管理費に売電収入を充てられるのがメリットで、災害時の非常用電力としても活用できる。心配された農作物も順調に育っており、地元農家の期待感も高まっている。

 

2014年9月16日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ