太陽光の買い取り価格、家庭向けも下げ 3年連続

経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で、家庭での太陽光発電の買い取り価格を2015年度も3年連続で引き下げる方針だ。住宅に設置する発電設備のコストが下がっているためで、買い取り価格は14年度の1キロワット時当たり37円から2円以上下げる方向で調整する。

 

2015年2月7日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ