太陽光の新設容量、17年に初の100GWへ欧団体公表

欧州の太陽光発電業界団体であるSolarPower Europeは、太陽光発電の新規導入量が2017年にグローバルで初めて100GWの水準に達するとの見通しを17年10月26日に発表した。76.6GWの太陽光が系統連系された16年の水準から30%以上の成長になるという。

SolarPower Europeによる太陽光発電のグローバル需要推移(出所:SolarPower Europe)

同団体のMichael Schmela参与兼市場情報部長は「政策による後押しが太陽光発電の増加に寄与した。太陽光はクリーンなエネルギーであり、世界のほとんどの国で現在最も低コストの発電技術となっている」と述べている。

SolarPower Europeの調査によると、中国だけで17年1~9月の9カ月間で約42GWの太陽光発電を導入しており、通年では合計で50GWを超えると見られている。これは、17年の太陽光の需要の半分以上を占めることになる。中国は昨年、34.5GWの太陽光を導入しており、前年比45%の増加となる。

一方、欧州では約10%成長し、17年に少なくとも7.5GWが系統連系されるという。前年比約20%減となる6.7GWの導入に留まった16年と比べ、小幅ながら増加に転じた。

同団体のThomas Doering政策アドバイザー兼市場情報部アナリストは「ドイツでは、わずか2年半で太陽光発電の平均入札価格が約50%下落し、4.91ユーロセント/kWhとなった。スペインでは、政府のクリーンエネルギー入札で4GWの太陽光発電が決まったばかりだ。欧州では太陽光に投資する環境が整ってきた」と説明している。

また、同団体のJames Watson CEO(最高経営責任者)は、「EU(欧州連合)レベルでは、30年までに少なくとも35%の再エネ比率という目標を達成する必要がある。この機会をうまく活用すれば、欧州全体で太陽光に対する雇用や投資がさらに増加し、太陽光への需要が再び成長することになるだろう」と期待している。

SolarPower Europeは16年6月にも太陽光のグローバル市場における見通しを発表した。同団体は、その時点で太陽光の年間の新設容量が15年に50GW、16年に約62GWとの見通しを示していた。実際には、16年の結果が上方修正され、太陽光発電市場の成長が17年もさらに継続する形となっている。

(日経BP総研 クリーンテック研究所 大場淳一)

 

2017年11月20日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ