太陽光の余剰電力、イズミの電子マネーと交換 中国電

中国電力は、イズミイオンなどと組んで住宅向け太陽光発電の余剰電力を買い取るサービスを始めると発表した。11月から中国電が買い取った余剰電力を、イズミの電子マネー「ゆめか」などと交換できるようにする。11月以降、電力の固定価格買い取り制度(FIT)の期限切れを迎える家庭が出てくるため、ポイントサービスの充実で顧客をつなぎ留める。

経済産業省は固定価格買い取り制度の対象から大規模太陽光発電や風力発電から外す。

中国電が家庭から買い取った余剰電力をイズミやイオンに届け、イズミなどは提供を受けた量に応じて「ゆめか」や「WAONポイント」を消費者に付与する。電力1キロワット時あたりそれぞれ1円相当の買い物ポイントと交換する。イズミなどは再生可能エネルギーで店舗の電力を賄うことで、二酸化炭素(CO2)排出の削減につなげる。

国が太陽光パネルの普及のために導入したFITは11月以降、買い取り期間が順次満了を迎える。中国電の営業エリアでは2019年度末までに約5万件の期限切れが見込まれる。同社は期限が切れた後、太陽光発電の余剰電力の買い取り価格を1キロワット時あたり7.15円としている。

 

2019年8月28日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ