太陽光で自律稼働するスマートバス停、会津若松で実証開始

みちのりホールディングス(東京都千代田区)などは、「次世代スマートバス停」の実用化に向け、福島県会津若松市内で2018年2月17日から実証実験を開始すると発表した。スマートバス停は太陽光パネルによる電力で自律稼働し、バス位置などの運行状況や経路・時刻表・料金といった各種情報を提供する。

設置するスマートバス停のイメージ(クリックで拡大) 出典:ウェザーニューズ

今回の取り組みを行うのは同社の他、会津乗合自動車(会津若松市)、凸版印刷、ナビタイムジャパン、KDDIおよびウェザーニューズ(千葉市)の6社。本実証実験では、バスの運行状況などをリアルタイムに提供することで、サービスおよび利便性の向上につなげるとともに、地域情報を取り込んだ情報ステーションとしてバス停を整備することで、バス利用を促進することを目的としている。

本実証実験のスマートバス停は、ディスプレイとして低消費電力なE Ink社製電子ペーパー、通信にはLPWA(Low Power Wide Area)を採用した。LPWA無線技術は、低消費電力、低速度、広域カバレッジが特長で、今回の取り組みでは携帯電話網を利用する通信規格のLTE-Mを活用する予定とする。

これらの技術の採用で、従来のデジタルサイネージと比較して低コスト・低消費電力を達成し、バス停上部の太陽光パネルを電源として直流12ボルトで自律駆動が可能になった。これにより同社らは、従来のあらゆるバス停をスマートバス停に置き換えることができるとしている。

スマートバス停の画面(電子ペーパー)表示イメージ 出典:ウェザーニューズ

 実証では会津若松市内の2カ所に、ディスプレイ1面タイプ(鶴ヶ城入口バス停)と、ディスプレイを縦に並べた2面タイプ(神明通りバス停)の2種類のを設置。実証期間は2018年4月から1年間を予定する。

実証実験を通じて、今後スマートバス停が運行エリア全体で導入されれば、従来のバス停で必要だった時刻表の張り替え作業が必要なく、遠隔から時刻更新や路線変更を行うことができ、利用者ニーズに合ったバスサービスの提供がより柔軟に提供できるとする。

また、将来的にはバス停に配信するデータを効率的に管理するため、時刻表や路線データ形式をオープンフォーマット、オープンデータ化することで、データを活用した新サービスの開発が期待される。今後、スマートバス停を活用した新サービスや電子広告出稿などの可能性を検証し本格的な実用化を進めることで、より多くのバス停へ設置を目指すという。

スマートバス停を活用したバス事業の高度化(クリックで拡大) 出典:ウェザーニューズ

 

2018年2月18日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ