太陽光から水素、変換効率世界一…宮崎大・東大

 宮崎大と東京大の研究グループが、太陽光発電で得た電力で水を分解し、効率よく水素を生み出すことに成功した。
太陽光が持つエネルギー量の24・4%を水素に蓄えることができ、エネルギー変換効率は世界最高という。グループは「二酸化炭素を出さない水素を活用する社会の実現につながる」としている。

 

2015年10月16日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ