大手電力と新電力、CO2の35%削減で自主目標を発表

 大手電力10社と新電力23社などは17日、2030年度の二酸化炭素(CO2)排出量を13年度比で約35%減らす自主目標を策定したと正式発表した。販売電力量1キロワット時あたりの排出量を0.37キログラムとし、年度末に東日本大震災が発生した10年度より少なくする。ただ、排出総量の削減目標や各社別の削減目標は示しておらず、実効性には不透明感も残る。

 

2015年7月26日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ