地方で狙える省エネ化と耐震化

今回は住宅ストック市場における持ち家の耐震工事実施率と省エネ対策化率との関係性が強い住民属性(世帯特性や消費特性、行動特性)のデータを分析した結果を紹介する。

ここでの関係性とは、住宅・土地統計調査より算出した持ち家の耐震工事実施率(2009年以降に耐震工事を実施した持ち家戸数/持ち家戸数)、省エネ対策化率(持ち家のうち2重サッシまたは複層ガラスが全ての窓か一部の窓にある戸数/持ち家戸数)と、住民属性を示す各種統計との都道府県ランキングの相関係数で判断した。

持ち家の耐震工事実施率および省エネ対策化率の都道府県ランキングと相関性の強い住民属性ランキングの統計調査をマッピングした。調査にはフィールドリサーチセンターの協力を得た(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

持ち家の耐震工事実施率の都道府県ランキングをみると、1位は宮城県、2位は福島県、3位は静岡県となった。地方別に見ると北関東、東北、中部・東海、四国が上位を占めた。新設着工戸数のランキングで10位内に入っていた首都圏(4位東京都、6位埼玉県、8位神奈川県、10位千葉県)のエリアが、今回のランキングでは東京都を除いて全て20位以下になっている。

また、リフォーム市場規模ランキングで上位に入っていた北陸(1位富山県、2位新潟県、3位福井県、4位石川県)も今回のランキングでは、全て10位以下となった。新設着工戸数やリフォーム市場が活況である地域と持ち家の耐震工事を積極的に実施している地域とは必ずしも一致しないようだ。

省エネ対策化率のランキングに目を転じると、1位北海道、2位青森県、3位秋田県となった。上位の多くを北海道・東北地方が占めており、こちらも新設着工戸数やリフォーム市場規模とは異なった傾向となっていた。

持ち家の耐震工事実施率の都道府県ランキング。住宅・土地統計調査を基に算出した。2009年以降に持ち家のうち、耐震工事を実施した持ち家戸数を持ち家戸数で除した割合(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
省エネ対策化率の都道府県ランキング。住宅・土地統計調査を基に算出した。持ち家のうち、2重サッシまたは複層ガラスが全ての窓または一部の窓にある戸数を持ち家戸数で除した割合(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

光熱費が高いと省エネ化ニーズも高まる

持ち家の耐震工事実施率と正の相関が強かった住民属性は、高齢者比率や睡眠時間、三世代世帯率、安全な生活のための活動実施率などだった。一方、負の相関が強かった住民属性は、CD・スマホでの音楽鑑賞率、写真の撮影実施率、ダンス実施率などとなっていた。

都道府県ランキングにおいて、持ち家の耐震工事実施率と正の相関および負の相関が強い統計調査。相関係数が0.4以上または-0.4以下の統計を示す(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

持ち家の耐震化に意欲的に取り組む地域では、高齢者や三世代世帯が多く、地域ぐるみでの活動が活発な地域が多いことが分かる。

他方、省エネ対策化率と正の相関が強かった住民属性としては、灯油支出額や電気代支出額などが挙がった。灯油や電気といったエネルギー消費コストが高い地域での省エネ化ニーズが高いことが改めて確認できる。省エネ対策化率と負の相関が強い住民属性は、持ち家の耐震工事実施率と似た傾向となっていた。

都道府県ランキングにおいて、省エネ対策化率と正の相関および負の相関が強い統計調査。相関係数が0.4以上または-0.4以下の統計を示す(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
持ち家の耐震工事実施率と省エネ対策化率の両者の都道府県ランキングと正の相関が強い住民属性の統計調査(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
持ち家の耐震工事実施率と省エネ対策化率の両者の都道府県ランキングと負の相関が強い住民属性の統計調査(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 

2018年5月4日 カテゴリー: 未分類

 


 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ