国内温室効果ガス、過去2番目の高水準 原発停止で石炭火力稼働増える (1/4ページ) 2015.4.20 06:48

 環境省が発表した2013年度の国内の温室効果ガス排出量(確報)は、二酸化炭素(CO2)換算で14億800万トンと、過去2番目の高水準を記録した。原発停止10+ 件で排出量の多い石炭火力の稼働が増えたのが主因。政府は20年度までに05年度比3.8%減の排出削減目標を掲げているが、13年度は0.8%増と逆に目標から遠ざかった。年末の気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)に向け政府が30年までの排出削減目標を議論するなか、原発の有用性が裏付けられた形だ。

 原発の有用性裏付け

 

2015年4月28日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ