吉村市長 関電に原発廃止を求める

関西電力の株主総会が開かれ、初めて参加した大阪市の吉村市長が、強い口調で原発の速やかな廃止を求めました。

 総会は午前10時から神戸市中央区のワールド記念ホールで開かれました。

 総会の冒頭、関電の八木社長が改めて原発再稼働に意欲を見せたところ・・・

「大阪市長の吉村です。福島の原発見てください。福島の原発。あの事故もいまだに収束していない。国家の一部がまさに消滅するような。そんな危険な電源リスクに頼っている。これどういうことなんですか。もし重大な事故が起きたとき、もし琵琶湖が汚染されたとき、どうするんですか?関西終了です」(大阪市吉村市長)

筆頭株主・大阪市の長として、初めて参加した吉村市長がいつになく強い口調で原発の廃止を求めました。

 

2016年7月4日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ