台風16号: 停電などの被害相次ぐ

強い台風16号は17日、八重山地方を暴風域に巻き込みながら与那国島の北に進んだ。直撃した与那国島では17日午前10時6分、最大瞬間風速66・8メートルを観測し、八重山地方では過去5番目の強さを記録した。暴風の影響で、与那国町ではほとんどの世帯で停電。電柱や樹木が倒れたり、強風で飛ばされたトタンが当たって窓ガラスが割れたりするなどの被害が出た。沖縄気象台は18日も先島諸島で吹き返しの風が強く吹く恐れがあるとし、注意を呼び掛けている。

 

2016年9月19日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ