原発止まったままなら、九電の太陽光発電接続に余力あり  

九州電力が、新たに受け入れる太陽光発電を無補償で出力を抑制する量が最大で約3~5割になる試算を発表したが、昨年12月に決めた接続可能量に、ごまかしがある。

 

2015年3月7日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ