原発廃炉

東芝と東電は福島第一原発の3号機に投入するロボットを公開しました。燃料プールに残る使用済み燃料棒と瓦礫を撤去するためのものです。燃料棒は3号機に566体残っていて17年度中には取り出し作業を始めます。一方、ロボットを使って福島第一原発3号機の除染作業を進めているのがアトックスです。350個の台車をつなげた装置が蛇のように建物のコーナーなどに沿って曲がります。100メートルほど離れた場所からの遠隔操作で、回転するブラシと高圧水で壁面の放射性物質を除去します。日立は直径10センチの配管を

 

2016年1月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ