原発安全費、想定の3倍超す 関電・九電1兆円規模

原子力発電所の安全対策費が電力会社の想定を上回り、各社に対策を迫っている。厳しい安全基準が導入された2013年時点から国の原子力規制委員会が求める対策が追加され、各社の対策投資は軒並み増えた。最も多い関西電力は1兆円規模に達する。事故の備えとしての安全対策費が増えれば、原子力を発電コストの低い安定電源と位置づけてきたエネルギー政策に影響を与える可能性がある。

政府が15年に明らかにした30年時点…

 

2019年7月10日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ