原発事業、選択と集中 四国電、伊方1号機5月廃炉

 四国電力は25日午前に開いた取締役会で運転開始から来年で40年を迎える伊方原子力発電所1号機(愛媛県伊方町)の廃炉を決めた。一方で同3号機は同日、使用前検査を申請し7月下旬の再稼働を目指すと表明。採算を重視し、原発事業の選択と集中を進める姿勢を明確にした。四国で初の廃炉となり、立地自治体などから先行きへの影響を懸念する声も出た。

 「総合的に勘案して運転期間の延長申請は行わず、廃止することに決めました」

 25日午前10時、愛媛県庁を訪れた四国電の佐伯勇人社長は中村時広知事に伊方1号機を5月10日に廃炉すると報告した。中村知事は「多面的な検討で導いた結論。何もかも再稼働ありきではないことを明確に示した」と評価した。

 佐伯社長はその後、伊方町で山下和彦町長にも報告。山下町長はその後、記者団に対し「町民の雇用に今後も努めてほしい」と語り、地域経済への影響を抑える対策を求めた。廃炉により原発交付金は減ることについては「街づくりを工夫していく」と述べた。

 1号機は2011年9月の定期検査で停止したままだが、それ以前の主要機器の更新や集中制御室のデジタル化で「設備的には新しい」(佐伯社長)。原則40年の原発運転期間は原子力規制委員会が認めれば最長20年間延長できるため、再稼働を目指してきた。

 

2016年3月31日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ