千年先へ希望をつなぐ、復興に向けた再生可能エネルギー倍増計画

宮城県の太平洋沿岸で進む復興プロジェクトの中で、地域の電力源になる再生可能エネルギーの役割が高まっている。日射量に恵まれた被災地ではメガソーラーの建設が相次いで始まった。2020年までに県内の導入量を2倍の規模に拡大して、災害に強い街づくりを推進していく。

 

2015年4月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ