再生可能エネルギー導入30.3% 福島県指針1年前倒しで達成

 福島県は5日、2017(平成29)年度の県内の再生可能エネルギーの導入実績が前年度を2.1ポイント上回る30.3%相当量だったと発表した。県の指針「再生可能エネルギー先駆けの地アクションプラン」では本年度で30%を目標としており、1年前倒しで達成した。

導入実績は11年度21.9%、12年度22.1%、13年度23.9%、14年度25.1%、15年度27.3%、16年度28.2%と上昇が続く。

県は2040年ごろまでに県内エネルギー需要の100%相当量を再生エネで賄う計画で、県エネルギー課は「楽観視はできないが、補助事業の対象事業者や民間事業者の計画が順調に進めば実現可能」などとしている。

17年度の導入量は1804メガワット。内訳は太陽光が1325メガワットで前年度の1.43倍となり、バイオマス247メガワット、風力184メガワットと続いた。

 

2018年9月8日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ