再生エネ発電、被災地の市民団体参入 河北新報 8月20日(水)6時5分配信

東日本大震災からの復興に向け、被災地の市民団体が再生可能エネルギーによる発電事業に取り組んでいる。売電によって農業経営を安定化させたり、非常時の電源として活用したりする狙いがある。関係者は「地域再生を加速させたい」と意気込んでいる。(小沢邦嘉)

 

2014年8月21日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ