再生エネ導入をアシスト 京都市がコーディネーター派遣制度 京都新聞 9月23日(火)9時19分配信

京都市は太陽光発電や小水力発電の導入を自治会やマンションに広げるため、住民団体などへのコーディネーター派遣制度を設けた。太陽光発電設備を設置したくても、地域内での合意形成の仕方や採算性などが分からず断念しているケースがあるためで、コーディネーターによるきめ細かいアドバイスを通じ、自治会館やマンション、用水路などでの発電を後押しする。
派遣されるのは、実際に地域で太陽光発電などを設置し事業化しているNPO法人のスタッフなど。派遣を受けられるのは、地域の町内会や自治会、商店街、マンションなどで導入を検討している団体。個人では申し込めないが、数人のグループなら地域内での合意がなくても応募できる。

 

2014年9月23日 カテゴリー: 未分類

 


 

 

 

 

 

ページの先頭へ