再エネの全世界導入量、2015年に過去最高 2016/4/13 6:00[有料会員限定]

 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は2016年4月7日、再生可能エネルギーの新規導入量を発表した。それによると、再エネの設備容量は2015年に全世界で152GW(ギガワット)設置され、累計で前年比8.3%増加した。この伸び率は過去最高になるという。

 同機関が公開した報告書「Renewable Capacity Statistics 2016」によると、2015年末時点で世界に設置されている再エネの累計設備容量は1985GWに達するという。

 IRENAのアドナン・アミン事務局長は、「石油やガスの価格が低下している時代においても、世界中で再エネ導入の急速な増加が続いている。2015年には再エネへの投資額は2860億ドルに達した。この目覚ましい伸長は、今や再エネが新しい発電設備として世界中で優先されることを投資家や政策立案者に強く示している」と述べている。

 特に風力と太陽光は、継続的にコストが下がっていることから、2015年の導入量は過去最大になったという。風力発電は、陸上設置タイプの風力タービンの価格が2010年以降45%も低下し、2015年の新規導入量は63GWとなり、累計で2010年比17%増加した。太陽光パネルの価格も同期間に80%も低下し、太陽光発電の2015年における新規導入量は47GWとなり、累計で2010年比26%増加したという。

2015年末の時点で、再エネ設備の全世界での累計設置容量は、水力発電が1209GWで最大のシェアを占める。残りの大半は、風力(432GW)と太陽光(227GW)である。

 地域的な内訳については、再エネ発電設備の容量が最も急速に伸長したのは、新興国である。中米およびカリブ海地域では、累計で2014年比14.5%伸びた。アジアは、累計で2014年比12.4%の伸びとなった。

 

2016年4月13日 カテゴリー: 未分類

 


 

無料見積り・お問合せ:太陽光発電・オール電化が実質タダでの設置事例も多数!まずはご相談ください。0120-939-198。受付時間10時から21時。メールでのお問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ